Twitter→@yorozuya_gensan

2018/03/28

深夜1時。ツイキャスを片耳にぼんやりと。

 

 

 

何ヶ月か前のこと。
学校の友達と再会するのを「付箋をめくること」と自分は考えている。この感覚はしばらく変わらないと思っていたがそんなことは無く、もう戻ることはないと確信したあの瞬間をふと思い出した。

 

思い出すことは割と多いが書くのは初めてだ。

 

 

会ってすぐに飯に行き、終わったら速攻でカラオケ。終電前に解散。

 

 

単調だが楽しい、大切な時間。大切なルーティーンのようなもの。それがもうしばらくは訪れないとこの前確信した。

 

確信したこと自体が寂しいし、「まあこういうものなのかな」と薄く納得している事がもっと寂しい。どこかバランス取るために今書いてるのかもしれない。

 

 

 

一旦ここまで。

 

 

 

 

続き。ただいま3月31日。

 

彼とはなんとなく今後もゆるく繋がっていく気がする。

まあのんびりと、ゆるく。また遊びたいな。