Twitter→@yorozuya_gensan

2018/03/13

なんか下書きにあったから公開しておく。だいたい1ヶ月前。

 

 

 

 

三時間ほど昼寝。どこか気怠い。

体調不良というよりもあまり食べてないからかな多分。

 

 

エデンを出て数日経った。今は常連の男性の家で過ごしながら、ゆっくりと生活を考えている。

Twitterを見返したり、カメラロールを遡りながら。

 

 

 

1年半前の写真を見つけ、外見の変化に驚いた。

性格や心境はそこまで変わっていないはずだが今の方が柔らかさがある。前の目つきのがどこか怖い。

丸くなったとはどこか違い、「感情の総量が増えながら割合が変わった」というほうが近い。気がする。

 

 

 

 

 

ただ生きるだけならどうにかなると確信しつつある。素敵なことだ。

でもどこかしっくり来ない。

それはきっと、これが等身大では無いからなんだよな。

 

 

あれだな、生き延びる事にあまり憧れがないんだ。死にたいとは今はもう思わないけど、生きる意味のようなものが少ないというか、期待してるというか。

 

虚しさを投げ出したい時がまだまだある。些細な事で幸福を得られ、何気無い会話から面白さを見出す事ができ、周りから優しさを受け取っていても、日に日に虚しさが大きくなる。

 

アクセス出来る世界、可視化された社会が増え続けていることが繋がっているのかな。インターネットだ。

 

 

 

 

 

とまあつらつら書いてみたものの答えなんて分かってるんだよな。

 

 

そういや等身大で生きていける人なんて殆どいないと思うものの、これまでそ